インフルエンザ予防接種時期 子どもと大人は違うの?!

スポンサードリンク

冬の心配事の一つ、インフルエンザ。
今年も間もなくその時期がやってきます。

インフルエンザ予防のために予防接種をお考えの方、
接種の最適な時期や、大人と子どもの接種の仕方の違い
などをお伝えしましょう。

インフルエンザ予防接種に最適な時期は?

インフルエンザは例年12月頃から流行り出します。

では、予防接種はいつ頃がいいかというと?
予防接種は11月中、または12月初旬までには
終えていたいですね。

予防接種
出典元:http://www.city.bungotakada.oita.jp/

インフルエンザの流行は、寒さが厳しく、空気が乾燥する時期、
12月から~3月頃です。
患者が集中するのは1月下旬~2月上旬。
流行するまでに予防接種を終えていなければ効果はありません。
また、ワクチンは、効果が出るまで、2週間以上かかるといわれています。
そこで、目安として11月中~12月初旬の接種が適当
といわれているのです。

予防接種の仕方に子どもと大人で違いはあるの?

子どもと大人では、接種の仕方に違いがあります。
では、どんなふうに接種を受ければいいかというと。

13歳未満の子どもは、2回接種します。
2回接種することで抗体が十分につくからです。
1回目の接種から2回目の接種までは4週間程度、間をあけます。
2回目の接種から4ヶ月間は、ワクチンの効果が継続する
と考えられているので、
11月初旬に1回目、12月初旬に2回目を接種すれば、この冬効果ありですね。

大人の場合の接種は1回です。
やはり、11月中~12月初旬に接種するのがいいでしょうね。

忘れてならないのは、大人も子どもも
卵アレルギーがある場合は接種できないこと。
まれに、重篤な副作用をおこすことがあるそうです。
接種前に、体調やアレルギーの有無など、
よくお医者さんと相談することが大切です。

また、予防接種をすれば、絶対にインフルエンザにかからない
と断定は、できないようです。
現在のワクチンは、(H1N1)pdm09、A香港型(H3N2)
B3種類の混合型なので、3つのタイプのウィルスには、
効果が期待できそうです。

幼児に対する予防接種はどうすればいいの?

赤ちゃんは、予防接種を受けられるの?疑問に思う方も多いはず。

生後6ヶ月から受けられます。
6ヶ月ともなると外出の機会も増え、他の子どもとの接触も増えます。
上の子が幼稚園・保育園に行っている場合は
下の子も一緒に受けると安心かも知れません。

赤ちゃんの場合は、他の定期接種のワクチンとのスケジュールを
考えて接種の時期を決める必要があります。
同時接種が可能なワクチンもありますが、
生ワクチン(麻疹・風疹など)を受けると4週間は
他のワクチンが受けられませんから注意です。
接種を受ける前にお医者さんと相談してくださいね。

小さいお子さんの場合、
インフルエンザにかかると高熱が出て、熱性けいれんを
引きおこしたり、重症化して脳炎や脳症をおこしたりする場合も
まれにあります。

予防接種をすることで、重症化が妨げるという利点も
あるといえます。

妊婦さんは予防接種をうけてもいいの?

妊婦さんの予防接種、気になりますね。
妊婦さんも予防接種をうけられます。
インフルエンザワクチンは病原性をなくした
不活性ワクチンで、胎児に影響を与えるとは
考えられていません。
妊婦さんは接種不適当とは、考えられていないので、大丈夫です。
接種を受けるときには、念のために主治医に相談しましょう。

妊娠初期の予防接種はだいじょうぶ?
心配な方もいますよね。
妊娠初期は、胎盤が完成していないこともあり、
16週目頃までは避ける傾向にあるようです。
副作用が心配ということでしょう。
母体が安定する中期になってからの方が安心
と思う方が多いようです。

予防接種をしてからすぐ妊娠が分かったという場合。
そんなときも、アレルギー疾患がなければ、
ワクチンがお腹の赤ちゃんに悪影響をおよぼしている
可能性は、とても低いと考えてよいでしょう。
母体に抗体ができたと考えましょう。
もし、つわりとは別に風邪のような症状がでたら
受診時に予防接種を受けたことを受診医に伝えましょう。

妊娠中にインフルエンザに感染した時は。
強い薬は飲めません。
対処療法で優しい効果の薬を飲むことになります。
インフルエンザが胎児に直接悪影響をおよぼすことは
ないようですが、
母体が弱ること、強い薬が影響を及ぼすことのほうが心配です。

ともあれ、まずできるだけインフルエンザにかからないよう
予防を心がけましょう!

インフルエンザ予防接種の料金は?

 
料金は医療機関によって違います。
全額本人負担で
1回分は、子ども2000円~3000円くらい。
2回目は1回目より少し安くなる。
大人3000円~4000円
どこでも同じ料金というわけではないので
接種してくれる医療機関に事前に尋ねるといいですね。

インフルエンザの予防策、試してみてください!

かかるとつらいインフルエンザ。予防策をいくつか
ご紹介しましょう。
①栄養と休養を十分とる。
 体力をつけ、抵抗力を高めましょう。
②人混みに行かない。
 人混みには、病原体のウィルスがいっぱい。
 お出かけを控えましょう。
③適度な温度、湿度を保ちましょう。
 ウィルスは低温、低湿を好みます。乾燥は、ウィルスが
 長時間空気中をただようよい条件。加湿器の使用を。
④外出後のうがい、手洗いを。
 手洗いで接触による感染を防ぎ、うがいで、のどの乾燥を防ぎます。
⑤マスクを着用しましょう。
 せきやくしゃみの飛沫から他人に感染するのを防ぐ効果もあります。

常に意識して実行することが肝心です。

お茶うがいのススメ!
お茶うがいは、お茶のカテキンの強い抗ウィルス作用と
殺菌作用で、風邪を治す効果があるといわれています。
茶ポリフェノールにはインフルエンザの増殖を阻止する力も。
のどの痛みにも効果的。

のどが楽なので、私はここ3年ぐらい続けています。
そのせいばかりではないと思いますが、
インフルエンザにかかったことがないんですよ。(*^_^*)

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください