ノロウィルスの症状 期間はどれくらい?

スポンサードリンク

毎年、寒い時期を迎えるとノロウィルス感染の
ニュースが流れます。

ノロウィルスに感染した場合、どのような症状を
引き起こすのでしょう。
また、症状はどのぐらいの期間続くのでしょう。
そんな疑問にお答えします。

ノロウィルスの症状とは?

ノロウィルスは、乳幼児から高齢者まで、広い年齢層で
急性胃腸炎を引き起こすウィルスです。

ノロウィルス
出典元:http://sentaku-shiminuki.com

では、その症状は?
初期には、まず、「微熱」がでます。
その後すぐに、「腹痛」「嘔吐」「吐き気」などが
おこります。
ノロウィルス感染の主な症状は以下の通りです。
・吐き気
・嘔吐
・発熱(それほど高熱にはならないようです)
・腹痛(チクチクさすような痛みがでることも)
・下痢症状
・嘔吐、下痢症状に伴う脱水症状

いずれも、かなりの体力の消耗が予想されます。
食べたくても戻してしまいますからね。
とにかく、かかったかなと思ったら医師の診断を
受けましょう。

ノロウィルスは次の特徴をもっています。、
・感染力が強い。
・有効な抗ウィルス剤がない。
・下痢だけでなく、嘔吐が多い。
・消毒薬に対する抵抗性が強い。
・一度罹っても何度も感染する。

なかなか手強いウィルスのようですね。

ノロウィルスの症状はどれくらいの期間でるの?

つらい嘔吐や下痢が長く続いたのでは、本人はもちろん
周りで見ているひともハラハラしてしまいます。

どのくらいの期間症状が続くかというと。
2~3日すると、症状は快復に向かいます。

通常は発症後1週間程度で他人へウィルスをまき散らすことは、
なくなるといわれています。

後遺症が残ることもありませんが、免疫力の低下した
老人や乳幼児では長引くこともあり、激しい下痢や嘔吐による
脱水症状には特に気をつけなければなりません。

ノロウィルスに潜伏期間はあるの?

ノロウィルスにも潜伏期間はあります。

感染後の潜伏期間は約20時間~48時間といわれています。
乳幼児などは、感染してその日の内に症状が現れることもあります。

大人と子どもで症状や期間にちがいはあるの?

大人と子どもでは、症状や期間に違いはあるのでしょうか?

吐き気、嘔吐、下痢、発熱、腹痛などの症状は、
大人も子どもも違いはありません。
ただ、子どもでは嘔吐が多く、大人では下痢が多いそうです。

特に乳幼児のこんな症状には気をつけましょう。
・突発的に嘔吐する。
・嘔吐が連続して、その間は何を食べても戻す。
・嘔吐の後、水っぽい便が出る。
・38度ぐらいの熱が出て、悪寒がする。
・嘔吐や下痢でぐったりする。

治るまでの期間は、大人は2~3日といわれていますが
乳幼児の場合は、感染期間が長い傾向があります。

赤ちゃんの場合は、症状が改善しても
3週間程度は便にウィルスが発見されることもあります。

大人はもちろんですが特に乳幼児は脱水症状を
引き起こすことがあるので要注意。
こまめに水分補給をすることが大切になります。

うまく水分補給ができないと、
目がくぼんできて、ぐったりしてしまいます。

湯冷ましやお茶、イオン飲料などを容体を見ながら
飲ませる必要があります。
小さな子どもの場合は、5分おきぐらいに10ccほどを
スプーンで流し込む方法もあります。

脱水症状が進行した場合には、点滴などの措置を受ける
必要もありますから、必ず医師に相談しましょう。

ノロウィルスの感染経路は?

ノロウィルスの感染は、ほとんどが経口感染です。
では、どんな感染経路があるのでしょう。

・感染者のウィルスが大量に含まれる便や吐物から
 直接感染する。または、手袋などを使用せずに処理したり、
 処理した物を十分に密閉しなかったりした場合。

・調理などを行う食品取扱者が感染しており、
 調理舎を介して汚染した食品を食べた場合。

・ウィルスに汚染された貝類(特に二枚貝)を、生か
 十分に加熱調理しないで食べた場合

・ウィルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で飲んだ場合。

感染図も見てください。

感染経路
出典元:http://www.city.hirosima.lg.jp

ただ、ウィルスは、乾燥すると空気中に漂い、
これが口に入って感染することもあるそうです。
これを防ぐには、便や嘔吐物を乾燥させないことが大切です。

そのためには、感染者の便や嘔吐物を処理するとき、
使い捨ての手袋を使い、
便や嘔吐物はペーパータオル等で拭き取りビニル袋に入れます。
残った便や嘔吐物の上にペーパータオルをかぶせ、
その上から50倍~100倍にうすめた市販の塩素系漂白剤を
十分浸るように注ぎ、汚染場所を広げないように、拭き取ります。

場所感染しやすい
出典元:http://qq.kumanichi.com

とにかく、細心の注意をはらって処理に当たることで
看病する人の感染を防ぎましょう!

ノロウィルスの予防法はあるの?

少しでも感染を防ぐために、こんな予防をするとよいでしょう。。

・食事の前やトイレの後などには、
 せっけんを使いしっかりと手を洗います。

・うがいをこまめにします。

・タオルなどを共用でで使わないようにします。

・下痢や嘔吐がある場合は、食品を直接取り扱う作業を 
 しないようにします。

・食品中のウィルスは加熱により感染性をなくすことができます。
 食品の中心温度が85℃1分以上になるようしっかり熱を通します。

・便や嘔吐物の処理をするときは、素手で触らず、 
 必ずビニル手袋を使います。
 汚物の消毒は市販の塩素系消毒剤をうすめた物を使います。

また、ノロウィルスは、枕や衣類の表面でも、数週間は生存する
そうです。
洗濯の前に塩素系漂白剤を250倍にうすめたものに浸し込み漂白します。
その後洗濯し、い直して、家庭内の感染拡大を防ぎましょう。

手洗い
出典元:http://www.kimura-eye.or.jp

手を洗う予防法は、いつでもどこでもできそうです。
せっけんを使うのはもちろんですが
特に、流水で15秒以上、できれば30秒以上洗うと効果的
こまめに、しかも少し長めに手洗いしましょう!

体力増強のススメ!
言うまでもありませんが、体力のある人は、病気にかかりにくいですよね。
また、かかっても軽くすむようです。
体力増強のためには、なんといっても、栄養と休養です!
大人も子どもも、バランスよく食事をし、グッスリ眠ってほしいです。(-_-) 

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください