必見!美味しい稲刈り時期の見つけ方!

スポンサードリンク

美味しいお米の産地、栃木県の我が家には9月の中旬に新米が届きました。
秋の彼岸のころには稲刈りがほぼ終わります。

では、稲刈りの時期ってどうやって決めるの?
刈っていい稲はどうやって見分けるの?
と疑問をお持ちになる方も多いはず。その疑問にずばりお答えしましょう。

稲刈りっていつごろ始まるの?

ine1
出典元:http://osaki.da-te.jp

空の色が一段と青くなる頃、
田んぼのあちこちからコンバインの音が聞こえます。
いつ頃から稲刈りははじまるのでしょう。

稲刈りは、9月が最盛期です。
もちろん地域によって違います。

新潟・茨城・千葉などでは9月中旬頃。
秋田や群馬では9月~ら10月中旬です。
                    
温暖な地域か寒冷な地域か、平地か山間地かによっても違います。
また、稲の種類によっても違います。
一般的に、「こしひかり」は、9月に。
おそい種類は10月に稲刈りします。

我が家の近くには棚田がありますが、
9月の下旬に体験も兼ねて手刈りしていますね。

稲刈りの時期ってどうやって見分けるの?

稲の生育は、気温や天気に大きく左右されるはず。
そんな稲の絶好の刈り時を農家の人たちはどうやって見分けるのか
知りたいですよね。

県や市町村、農協では「適期刈り」を推奨しています。

適期とは?
一般的には稲の穂の身がつまって、穂先が十分に重くなり、
葉先が枯れ始めた時。

<葉が枯れると光合成を行えず実への栄養の蓄積が終わります>

DSC_7952

もう少し詳しく言えば、

・出穂後の日数が約45日経ってから
・毎日の平均気温を足していった積算温度が1000℃前後になったとき
・稲穂の9割以上が黄金色になったとき
・枝分かれしていった穂の5番目が黄色くなったとき

農家の人たちは「水見」と言って田植えをしてから、毎日稲の様子を見に行きます。
収穫時期にも毎日稲の様子を見て刈り時を見極めるのです。愛情と手間をかけているのですね。

稲はどんなふうに刈るの?

秋の田んぼは大賑わいです。あちこちで稲刈り機の音がしますね。
今はなんといってもコンバインで刈ることが多いですね。

DSCF00162
出典元:www.5e.biglobe.ne.jp/~hyakusyo/hojou2004/

コンバインは稲刈りの万能機械。
刈り取って脱穀までしてしまいます。
脱穀した「籾」を袋に入れる装置もついています。
袋詰めされた籾はトラックで運ばれ乾燥場に運ばれます。

昔ながらの「手刈り」をするところもあります。
棚田などの面積の狭い田んぼ、
コンバインを使う田んぼでも田と畦の境のところや、
始めにコンバインが入るところは手で刈ります。


出典元:http://www.c-able.ne.jp/

使うのは「稲刈り鎌」先程の棚田では
刈り取った稲をわらなどで適当な大きさにまとめ
「ハザ掛け」します。

「ハザ掛け」というのは、田んぼに稲をかける
横棒を組み立てそこで稲を天日干しにすることです。

葉や茎の養分がすべて実に蓄積するわけなのでおいしさもひとしお。

稲刈り体験ってできるの?

稲刈り体験をしてみたいと思っている方に
いくつかご紹介しましょう。ぜひ挑戦してください!

千葉県ブルー・グリーンツーリズム
群馬県水上町グリーンツーリズム
愛知県長久手市長久手農楽校
大阪府富田林農業公園サバンファーム

関東の場合関東農政局に関東一円の
農業体験受け入れ施設の一覧表があります。
関西では近畿農政局など。

お子さんが通っている学校で、米作り体験の授業をやっていませんか?
ちょっとお手伝いに行くというのもいいかもしれませんよ。

スポンサードリンク

次はこの記事が読まれていますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください